Funasho Soccer Club Official Site
FSC LOGO
FSC LOGO FSC MESSAGE
入部、体験参加、練習試合に関するお問合せは、こちら
HOME クラブ紹介 練習予定 大会結果 リンク Photo
The Club
Contact us
ご質問はお気軽に

info@funasho-sc.org
会員規約
F.S.C. 船橋サッカークラブ 規約


第1章 総 則
第1条 (名称)
本クラブは、F.S.C.(船橋サッカークラブ)と称す。

第2条 (目的)
サッカーを通した地域青少年の健全な育成と会員相互の親睦を図ることを目的とする。
指導者および保護者は常に児童の手本になるよう努力し、社会人として責任ある行動に努めなければならない。
第3条 (活動)
本クラブは前記第2条の目的を達成するため、次の活動を行う。
  1. 約定日における練習・試合の実施
  2. その他、目的を達成するために必要な活動
  3. 活動場所は、船橋市立船橋小学校および必要に応じて借用した場所
第4条 (責任)
本クラブへの児童の参加にあたっては、保護者の責任においてこれを行う。
練習中、試合中、移動中等における事故等については、本クラブおよび指導者は一切の責任を負わないものとする。

第2章 会 員
第5条 (構成)
本クラブは、船橋市内に通学する児童及び保護者または役員会が特に認めた者をもって構成する。ただし、総会(臨時総会含む)における議決権は保護者が有し、議決権数は1世帯に1票とする。
第6条 (入会)
本クラブへの入会は、所定の用紙をもって随時受け付ける。ただし、児童の入会には保護者の承諾が必要であり、保護者は児童の入会の際には必ず会に所属し、児童の活動を援助するものとする。入会に当たっては、別に定める入会金を同時に納入するものとする。
第7条 (資格の喪失)
本クラブは会員に以下のごとき事由があった場合役員会の協議の上、資格を喪失させることができる。
  1. やむを得ない事情なく会費を滞納したとき
  2. 本クラブの目的遂行に非協力的であるとき
  3. その他、本クラブの趣旨に反し、役員会が協議の上、不適格と認められるとき
第8条 (登録)
本クラブに入会した児童は、船橋市サッカー協会に全員登録する。船橋市サッカー協会への登録料は別途徴収する。
第9条 (保険)
本クラブに入会した児童は、スポーツ傷害保険に全員加入する。保険加入料は別途徴収する。指導者はスポーツ障害保険に加入し保険料は会費より支出する。
第10条 (退会)
本クラブからの退会は会員の任意とし、その旨を事務局に通告する。ただし、既に納入済の会費の返金は行わない。

第3章 組 織
第11条 (構成)
本クラブは運営を円滑にするために、次の組織を置く。
  1. 総会
  2. 役員会
  3. 指導者委員会
  4. 保護者会
第12条 (事務局)
本クラブは運営を円滑にするために、役員会の中に事務局を置く。
第4章 総 会
第13条 (総会)
本クラブの総会は、通常総会と臨時総会とする。通常総会は年1回とし、年度始めに代表が招集する。臨時総会は代表または役員会が必要と認めた場合に招集することができる。
第14条 (決議)
議事は定数の半数以上が出席(委任状含む)し、出席者の過半数の賛同を得て決議する。
第15条 (任務)
総会の任務は下記の通りとする。
  1. 規約の決定および改訂
  2. 前年度活動報告および会計報告
  3. 当該年度の活動計画案の承認
  4. 役員の選任および承認
  5. 役員の解任および承認
  6. 指導員の解任および承認
  7. その他総会の決議が必要な議事の決定
第5章 役員会
第16条 (役員)
本クラブは運営を円滑にするために、次の役員を置く。
  1. 代 表         1名
  2. 会 長         1名
  3. 事務局員       3名
  4. 会 計         1名
  5. 会計監査       1名
  6. 保険担当       1名
  7. 交通費会計     1名
  8. ユニフォーム担当   2名
  9. 学年代表  各学年1名
  10. ホームページ担当  1名
  11. 県担当        2名
第17条 (選出)
本クラブの役員は、会員の互選により選出する。
第18条 (任期)
役員の任期は、1期1年とする。
第19条 (役員会)
本クラブの役員は役員会を組織する。役員会は代表が招集し役員会の決議が必要な事項について決議する。
第20条 (決議)
役員会の決議は役員の半数以上が出席(委任状含む)し、出席者の過半数の賛同を得て決議する。
第6章 指導者委員会
第21条 (指導員)
本クラブは次の指導員を置く。
  1. 総監督 1名
  2. 指導者 1名
第22条 (総監督)
総監督は指導員の互選により選出し、指導者委員会の承認を得て決定する。
第23条 (指導者委員会)
本クラブに所属する指導員は指導者委員会を組織する。指導者委員会は総監督が招集し、指導方針全般について合議し決定する。
第24条 (報酬)
指導員は父兄等のボランティアとし、報酬は無しとする。ただし、父兄外の指導員を招聘する際はこの限りではない。報酬の額は指導者委員会にて合議し決定する。
第25条 (資格)
本クラブの指導員は常に指導技術の向上を目指し、次の資格の取得を目指すものとする。この資格取得のための費用はクラブ会計より支出する。
  1. 公認D級コーチ(千葉県4級コーチ)
  2. 公認4級審判員
第7章 保護者会
第26条 (保護者会)
本クラブに所属する児童の保護者は保護者会を組織する。本クラブの会長は保護者会を総括し保護者の協力を得て円滑なクラブ運営を目指すものとする。
第27条 (当番)
本クラブの練習日および試合当日(練習試合含む)には保護者の当番が、グラウンドに待機して不測の事態に備える。大会および練習試合等、全日を通じて活動を行う日の当番はかかった費用を会計に請求する。(領収書必)
第28条 (引率)
大会および練習試合等の引率は原則として部員全員の保護者が当番で当たる。
第8章 会 計
第29条 (会計)
本クラブの会計は、入会者の入会金および会費によって運営する。総会、役員会、指導者委員会に関する費用は、すべて本クラブ会費より出費する。
第30条 (入会金)
入会金は、児童一人あたり1,500円とし、入会時に納入するものとする。入会金は本クラブ の共通の備品管理費等に当てる。
第31条 (会費)
児童一人あたり月額 2,000円とし、前期 (4〜9月) 後期 (10〜3月) の2回に分け、1回につき12,000円を納入する。
第32条 (交通費)
交通費は、年間 10,000円とし前期 (4〜9月) 後期 (10〜3月) の2回に分け、1回につき5,000円を納入する。清算によって残金および過不足があった場合は返金および追加徴収を行う。
第33条 (車両使用負担金)
車両での移動の際は児童1人あたり、300円の車両使用負担金を交通費預り金よりクラブに支払うものとする。但し、車両を使用する保護者の児童およびお手伝い係りは負担しない。 有料道路料金などは実費を支給する。
車両を使用する指導者および保護者には300円×人数÷台数を支給する。
精算は交通費係が行う。
第9章 その他
第34条 (活動年度)
本クラブの活動年度は、毎年4月1日に始まり、3月31日に終わるものとする。
第35条 (喫煙)
練習、練習試合、大会における指導員、保護者の敷地内における喫煙は認めない。喫煙の際は敷地外に出る。
第36条 (練習)
練習には指導員または当番の保護者が必ず立会い実施する。


細 則
第1条 (慶弔見舞金)
本クラブは以下の慶弔見舞金を定める。
  1. 選手の5日以上の入院        5,000円
  2. 指導スタッフの5日以上の入院   5,000円
  3. その他クラブ活動における損害  5,000円
  4. 選手の死亡              10,000円
  5. 指導スタッフの死亡         10,000円
第2条 (役員の任務)
役員の任務は以下の通りである。
  1. 代表は、本クラブを代表し各会議を招集する。
  2. 会長は保護者の代表として、代表を補佐し、代表に事故あるときはその任務を代行する。
  3. 事務局員は、登録・各種大会参加等の事務手続きを行う。
  4. 会計は、本部の金銭およびその関係書類を作成、管理する。
  5. 会計監査は、会計事務を監査し、総会に報告する。
  6. 保険担当は、会員の保険加入手続きおよび会計を行う。
  7. 交通費会計は、遠征などの交通費の徴収/管理/精算を行う。
  8. ユニフォーム担当は、ユニフォームの注文/受渡/精算を行う。
  9. 学年代表は各学年を統括する。
  10. ホームページ担当はホームページの作成、管理を行う。
第3条 (ユニフォーム)
ユニフォームはチーム所有とし、1年単位で選手に貸与する。選手は善良なる管理者の注意義務をもってこれを管理する。やむを得ない理由なくこれを破損、もしくは紛失した場合は被貸与者が弁済するものとする。ユニフォームの購入、修復については代表および監督がその必要性を認めた場合行うものとする。サイズ変更の必要が生じた場合は随時被貸与者からユニフォーム担当に申請し、現存する在庫の範囲内にてユニフォーム担当がユニフォームの変更を行うものとする。
第4条 (用具)
練習にはサッカー用のシャツ、パンツ、ソックス、トレーニング・シューズ、すね当てを必ず着用する。指導者もこれに準ずる。ボール(公認4号球)は各自用意する。ただしミニサッカー大会用のフットサル用ボールはクラブが用意し、管理する。
第5条 (施設)
トイレは学校の施設を借り受ける。使用後は全員で清掃をする。第2グラウンド、トイレ、および倉庫の鍵は指導員が善良なる管理者の注意義務を持って管理する。
第6条 (移動)
会員の移動に際しては、電車等の公共交通機関および徒歩が望ましい。車両を使用する場合は、所有個人の責任で行う。児童単独での自転車使用は認めない。
第7条 (改訂)
本細則の改廃は役員会の決議を持って決定する。

付 則
本規約は、平成15年6月1日より施行する。
  • 平成16年6月6日 改訂
  • 平成17年6月1日 改訂
  • 平成17年6月25日 一部追加
  • 平成18年2月18日 改訂
  • 平成18年6月4日 改訂
  • 平成22年5月9日 改訂
  • 平成23年6月11日 改訂
  • 平成26年6月9日 改訂
Copyright (C) F.S.C. All Rights Reserved.